コラム

Two line
title slide.

And optional subtext

日本フードサービス協会 2022年10月の外食産業市場動向調査

一般社団法人日本フードサービス協会(略称:JF=ジェフ 本部:東京都港区 会長:近藤 正樹)は協会 会員社を対象とした外食産業市場動向調査 2022 年 10 月度の集計結果をまとめました。


<全体概況>

10 月は 11 日より「全国旅行支援」や「水際対策の大幅緩和」が始まり、秋の訪れとともに全国で人の流れが活発化し、おおむね店舗数減少の中でも客数増となり、価格改定による客単価増とあいまって、全体売上は114.8%となった。業態によって差異はあるが、全体では19 年対比で初めてコロナ以前を上回り105.5%になった。しかし、新たにインフレとの闘いという難問に直面している。


<業態別概況>

ファーストフード業態
テイクアウト・デリバリーの堅調に加え、店内飲食も戻り、全体売上は109.9%となった。 「洋風」は、秋の定番メニューと新商品の好調に、宣伝効果もあり、売上は110.8%。
「和風」は、朝食の販売促進とデリバリーの増加などで、売上111.0%。「麺類」は、季節限定メニューが好評で売上113.0%。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、「持ち帰り米飯」でのサイドメニューの増加や価格改定による客単価上昇で売上105.1%。「その他」は、「アイスクリーム」がハロウィンキャンペーンにより都心部のイートインが回復し、売上107.1%となった。

ファミリーレストラン業態
店内飲食の回復に伴い、各地の営業制限が続いた前年との対比では120.3%になったが、19年対比では 96.7%にとどまる。夜間の客数の戻りは鈍く、来店目的が明確な専門店ほど回復傾向が強い。
「洋風」は、主に昼間の客数が順調に回復し、売上121.3%。「和風」は、インバウンド需要に回復の兆しがあり売上120.6%。「中華」は、テイクアウト・デリバリーが堅調で売上118.3%。「焼き肉」は、価格維持の店舗がある中でも客数増により売上118.2%。

パブ・居酒屋業態
昨年はほとんど営業できない店舗が多かったため、営業制限のない今年の売上比は568.8%と大幅に伸びたが、コロナ以前の19年比では53.7%にすぎず、小規模宴会の需要は少しずつ戻りつつあるものの依然厳しい。

ディナーレストラン業態
コロナへの警戒感が薄れたせいか店内需要が戻りはじめ、売上は124.8%となった。また観光地などの立地によっては、訪日外国人客も戻りはじめ、19年比でも93.4%にまで回復してきたが、人手不足で営業時間を増やせない。

喫茶業態
昼間の客数の回復を中心に、価格改定や季節限定の付加価値商品の導入などで客単価が上昇し、売上は前年比119.0%。だが夕方以降の集客が芳しくなく、19年対比では90.0%にとどまる。

関連リンク:
日本フードサービス協会 ホームページ
http://www.jfnet.or.jp/


カタログ資料請求はこちら