コラム

Two line
title slide.

And optional subtext

日本フードサービス協会 2023年1月の外食産業市場動向調査

CHUUMO 日本フードサービス協会 2023年1月の外食産業市場動向調査

 一般社団法人日本フードサービス協会(略称:JF=ジェフ 本部:東京都港区 会長:近藤 正樹)は協会会員社 を対象とした外食産業市場動向調査 2023年1月度の集計結果をまとめました。



<全体概況>

1 月は、昨年のような営業制限が無く年始需要が好調で、外食全体の売上は 115.3%となった。コロナ第 8 波は上旬にピークを迎えたが、外食への影響は比較的少なく、19年比の売上は104.2%と、コロナ前 を上回った。だが、これまでの JF調査結果から推定すると、外食全体の客数は19 年比で 90%程度にとどまっている。現在の売上は原料高と光熱費の高騰等に起因する客単価上昇の結果と考えられ、外食企業の経営状況は変わらず厳しい。


<業態別概況>

ファーストフード業態
全体売上は110.2%、19年対比では117.9%となった。「洋風」は、期間限定商品、季節商品などのフェアメニューが好評で、売上111.3%、19年対比では139.7%となった。「和風」は、引き続きテイクアウト・デリバリーの堅調で売上109.6%。「麺類」は、商業施設立地店舗の集客回復などで、売上117.4%となった。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、「回転寿司」の年始のテイクアウトが好調で、また、主力メニューの価格据え置きが奏功したところもあり、売上105.1%となった。「その他」は、「アイスクリーム」のキャンペーン商品のテイクアウトが好調で、売上105.6%となった。

ファミリーレストラン業態
全体売上は前年比119.6%、19年比では96.3%となった。行動制限のない正月となったことで年始の家族客が増え、「洋風」は売上117.7%、「和風」は売上123.2%。「中華」は、テイクアウト対応の強化により売上が堅調に推移し118.2%。「焼き肉」は、郊外店舗が引き続き好調で、売上122.7%となった。

パブ・居酒屋業態
「パブ・居酒屋」は、酒類の提供制限があった昨年との対比では売上は159.0%だが、19年比では売上58.1% と、前月(12月)の19年比(58.6%)とほぼ変わらず、売上の回復に頭打ち感が出ている。コロナを気にしない個人客の来店は増えたが、企業・団体等の宴会自粛の傾向は続いており、飲酒業態の復調を難しくしている。

ディナーレストラン業態
個人客の宴席は引き続き回復傾向にあり、全国旅行支援やインバウンドの増加で需要が回復した店舗も見られ、売上は134.0%となったが、法人宴会や夜間の集客は戻らず、19年比では85.0%となった。

喫茶業態
営業時間制限の無い今年の売上は前年比119.6%となったが、オフィス街はテレワーク等の定着で客足が戻らず、19年比では85.6%であった。

関連リンク:
日本フードサービス協会 ホームページ
http://www.jfnet.or.jp/


>>カタログ資料請求はこちら