コラム

Two line
title slide.

And optional subtext

日本フードサービス協会 2022年7月の外食産業市場動向調査

 

一般社団法人日本フードサービス協会は、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査2022年7月度の集計結果をまとめました。


<全体概況>

7月の外食産業の売上は、営業制限のあった前年を大きく上回り、全体売上は114.5%となった。しかし3月の制限解除以降は回復基調にあった店内飲食が、月後半のコロナ第7波の拡大に伴い失速し、業界の全体売上を押し下げた。


<業態別概況>

ファーストフード業態
テイクアウト・デリバリー比率の高いFF業態は、全国のコロナ新規感染者が1日20万人超の日々においても比較的堅調に推移し、全体売上は107.8%、19年対比でも112.1%となった。•「洋風」は、テイクアウト・デリバリーの堅調に加えて、価格改定による単価上昇もあり、売上108.0%、19年比では130.8%と、大幅な伸びを見せた。「和風」は、昨年来の価格改定や鰻など季節メニューの好調で客単価が上昇、売上110.2%となった。「麺類」は、月後半にラーメンなどで客足の減少が見られたが、うどんの持ち帰りが伸びたところもあり、売上110.5%。「持ち帰り米飯/回転寿司」では、「持ち帰り米飯」のデリバリーやネット注文が好調で、売上102.6%。「その他」は、「アイスクリーム」が夏休み需要を取り込み、サイズアップキャンペーン等が奏功し、売上108.2%となった。

ファミリーレストラン業態
全体売上は120.6%と、営業制限のあった前年との対比では伸びているが、夜間集客の鈍さに加え、コロナ感染が次第に拡大していくにつれ客足は鈍り、19年対比では89.0%にとどまった。•「洋風」「和風」の前年比は「洋風」117.7%、「和風」121.9%となったものの、中旬以降の感染者数の増大により、高齢者層の外出控え傾向が強まり、19年対比は「洋風」83.0%、「和風」84.1%となった。「中華」は引き続きテイクアウト・デリバリーが堅調で、今年は酒類の販促キャンペーンも展開でき、売上は118.9%と好調、19年比でも109.4%となった。「焼き肉」は、コロナ感染者の急増で特に都心部や駅前立地は苦戦、郊外店でも客足の伸びが鈍くなったが、月全体で見れば好調を維持しており、売上131.7%、19年比105.6%となった。

パブ・居酒屋業態
飲酒業態は、大都市圏などで休業要請が続いていた昨年の売上と比べると237.6%と大きく伸びた。しかし、ようやく戻り始めていた中小規模の宴会も、コロナ第7波の報道が出始めた頃からキャンセルが相次ぎ、月後半になるほど客足は鈍った。19年比の売上は、4月47.6%、5月54.7%、6月58.3%と回復基調であったが、7月は53.3%とやや下降気味。

ディナーレストラン業態
月初は比較的好調で、ディナー時間帯の客足にも一部戻りが見られたが、中旬以降はコロナ感染の拡大に伴い、売上は都市部店舗を中心に下降傾向となった。営業に制限のあった前年と比べると売上は133.2%であったが、19年比では80.6%にとどまった。

喫茶業態
コロナ感染の拡大につれ、下旬になるほど客足は落ち、特にビジネス街立地の店舗が影響を受けた。時短営業の多かった前年と比べると売上116.1%となるも、19年対比では81.8%にとどまった。

関連リンク:
日本フードサービス協会 ホームページ
http://www.jfnet.or.jp/


カタログ資料請求はこちら