コラム

Two line
title slide.

And optional subtext

日本フードサービス協会 2022年9月の外食産業市場動向調査

CHUUMO_日本フードサービス協会 2022年9月の外食産業市場動向調査

一般社団法人日本フードサービス協会(略称:JF=ジェフ 本部:東京都港区 会長:近藤 正樹)は協会会員社 を対象とした外食産業市場動向調査 2022 年 9 月度の集計結果をまとめました。


<全体概況>

9 月の外食産業の売上は、新型コロナ第 7 波が峠を越え月後半にかけて客足に回復の動きが見られたことで、「緊急事態宣言」等の影響を受けた前年を上回り、全体売上は119.7%、19 年比でも94.1%と、8 月よりも明るい兆しが見えてきた。飲酒業態はコロナの打撃が大きく苦境が続くが、宴会などの顧客獲得に向けて情報発信を再開している。


<業態別概況>

ファーストフード業態
コロナに起因するテイクアウト・デリバリーの売上増は一段落の気配だが、売上自体は引き続き堅調で、加えて店内飲 食の回復もあり、全体売上は108.2%、19年対比では108.3%となった。
「洋風」は、ドライブスルーの増設等とキャンペーン商品の強化で売り上げを伸ばし、104.6%とコロナ以前よりも好調。「和風」は、期間限定メニューが奏功し売上111.1%。「麺類」は、昼間を中心に都心部の店内飲食が復調し、売上 120.5%、19年比は88.2%となった。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、回転寿司で値上げをしない安い価格設定が支持され、売上106.8%となった。「その他」は、「アイスクリーム」が大規模施設や繁華街の売上を伸長し113.3%となったが、 19年対比では87.0%であった。

ファミリーレストラン業態
全体売上は132.1%と、前月よりは上向いているものの、平日を中心にした夜間の集客が依然として不振であり、19年 比では81.2%に留まった。
「洋風」は売上122.7%、「和風」は139.3%となったが、九州・四国・中国地方で台風14号の被害が大きく、夜間の集客も振るわず、そもそも深夜帯の営業時間が減少していることなどから、19年比では「洋風」71.2%、「和風」82.3%に留まっている。「中華」は、持ち帰りと店内飲食がともに好調で、売上124.3%。「焼き肉」は、コロナ感染の減速にともない大都市圏店舗が好調で売上167.7%、19年比でも104.4%となった。

パブ・居酒屋業態
昨年はほとんど営業できない店舗が多かったため、営業制限のない今年の売上比は568.8%と大幅に伸びたが、コロナ以前の19年比では53.7%にすぎず、小規模宴会の需要は少しずつ戻りつつあるものの依然厳しい。

ディナーレストラン業態
個人需要が戻り、売上は164.9%だが、平日夜間の法人需要がなかなか戻らず、コロナ感染の拡大に対応が追いつかなかったところもあり、19年比は80.5%に留まった。

喫茶業態
売上は前年比128.2%となったが、シルバーウィーク連休の悪天候や台風の影響で、営業できなかった店舗もあり、19年比では80.1%であった。

関連リンク:
日本フードサービス協会 ホームページ
http://www.jfnet.or.jp/


カタログ資料請求はこちら