コラム

Two line
title slide.

And optional subtext

日本フードサービス協会 2022年11月の外食産業市場動向調査

CHUUMO_日本フードサービス協会2022年11月の外食産業市場動向調査

一般社団法人日本フードサービス協会(略称:JF=ジェフ 本部:東京都港区 会長:近藤 正樹)は協会会員社 を対象とした外食産業市場動向調査 2022 年 11 月度の集計結果をまとめました。


<全体概況>

11 月の外食は、コロナ第 8 波が拡大中も行動制限がなく、相次ぐ価格改定に加え、インバウンド受け入れや全国的な旅行支援が10月から実施され、おおむね表面上の売上数値は伸びて対前年比 108.9%となった。だが原材料費、エネルギー費、人件費等の高騰は価格改定ではカバーしきれないほど大きい。さらに、自粛気味の消費マインドが加わり、とくに夜間の客数が振るわず、全体として勢いのある回復とは言えない。事業継続の足かせがほぼ無くコロナ前の外食シーンに戻りつつある欧米とはかけ離れた状況となっている。 


<業態別概況>

ファーストフード業態
全体売上は109.2%、19年対比は111.6%となった。
「洋風」は、サッカーW杯にちなんだ期間限定メニューなどの充実でテイクアウト・デリバリーが堅調、売上は 111.7%。「和風」は新商品が好評で売上108.1%。
「麺類」は、客数減・店舗数減の中、店内飲食の回復や季節メニューの好調により、売上106.8%。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、「持ち帰り米飯」の単価が高めの商品や 「回転寿司」の低価格キャンペーンなどで売上106.5%。「その他」は、「アイスクリーム」がテイクアウト商品の堅調に加え、イートイン商品も好調、「カレー」はキャンペーンやトッピング販売が奏功し、売上105.1%となった。

ファミリーレストラン業態
全体売上は前年比107.5%、19年比では93.9%となった。
「洋風」は、価格改定による客単価上昇に加え客数増もあり、売上108.9%。
「和風」は、全国旅行支援の効果もあり、売上108.1%。「中華」は、店内飲食、店外消費ともに好調で売上109.3%。「焼き肉」は、夜間の客の戻りが思わしくなく売上100.2%。

パブ・居酒屋業態
コロナの感染者数は増加したが、昨年に比べコロナ慣れのためか、個人客にはあまり影響がなく、コロナ拡大を見越した忘年会の先取りやサッカーW杯の観戦需要などがあり、飲酒業態全体の売上は前年比で114.7%となった(「パブ・ビアホール」124.4%、「居酒屋」110.2%)。しかし、法人の宴会需要や夜遅くの需要は未だ戻らず、19年比では61.4%に留まった。 

ディナーレストラン業態
全国旅行支援やインバウンド需要で客数は増加しつつあり、売上は108.1%となったが、一部では人手不足による営業時間の短縮やコロナによる入店者数の制限などがあり、19年比では84.5%となった。

喫茶業態
夜間の来店は回復が鈍いものの、昼間は季節メニューの好調で客足の戻りが早く、売上は前年比 111.4%、19年比では87.2%であった。

関連リンク:
日本フードサービス協会 ホームページ
http://www.jfnet.or.jp/


カタログ資料請求はこちら